鳴門海峡の凄さを知る

四国には世界三大の渦潮として知られている鳴門海峡があります。ここでは巨大渦を見る事ができるのですが、見学可能な時期は限定されているのが特徴です。確実に見たいときには潮見表を確認してから出向きましょう。海峡から眺めることができる以外に船を利用して間近で迫力を楽しむこともできます。巨大渦を確認できる時期は1ヶ月に2回ほどあるのが特徴で、満月と新月のときだけです。春と秋には潮の流れが20kmにもなり、最大直径も20mと迫力があります。大型観潮船「わんだーなると」を利用することも可能で、水中観潮船のアクアエディで鳴門海峡を堪能できるので検討してみましょう。

 

日本3大銅山の別子銅山にも注目しよう

別子銅山は愛媛県新居浜市にあるところで東洋のマチュピチュとも言われています。山中にある産業遺産は古代遺跡のような雰囲気を醸し出しているのが特徴で、絶景観光スポットとして人気です。マイントピア別子は別子銅山最後の採鉱本部として知られている場所で、現在は道の駅として開放されています。山の上まで続く長い石段が用意されていて、森のなかに眠る静かな遺跡のような雰囲気を出しているのが特徴です。明治時代に建築された巨大な鉄橋もあり、これは近代化遺産としても登録されています。渓谷美を橋の上からも楽しめる場所で写真撮影にもおすすめのスポットです。東平ゾーンはかつて3000人の方が生活をしていた場所で、遺構がマチュピチュのようだと言われています。近場には東平記念館もあるので見学してみましょう。